岐阜の旅 大正村へ

マコ父です。
昨日の続き。

曽木公園から少し移動したところにやってきました。

恵那市にある日本大正村というところです。
この建物を見て、そういうアミューズメントパークか何かかと思いましたが、これは土産物屋でした^^;

日本大正村は、古い町並みをそのまま保存した集落のことを指すそうです。
その名の通り、大正時代くらいの古い建物がたくさん残されていました。

さっそく町歩きスタート!

古い蔵のある通りを歩きます。
雰囲気がありますね。

けっこう急な坂道になっています。
高台を目指して登る感じ。
坂の上の方にはお城があったそうです。

古い役場を利用した資料館があります。

さらに坂道を登ると、白亜の洋館のような建物が。

ここは大正浪漫館という資料館です。
大正時代に活躍された画家の絵や、歌手の衣装などが展示されています。

せっかくなのでお邪魔することに。
抱っこならワンコ連れOKとのこと。
この暖簾のさきは撮影禁止なので写真はありません^^;

ロビーは写真撮影OKです。
とある歌手の愛車だそうです。

階段の上でパチリ。

浪漫館の上から高台を見下ろします。
建物の周りはバラ園になっていて、6月ごろはバラが見頃だそうです。

浪漫館のすぐ裏側にこんな古民家もありました。
旧三宅家の住宅を復元移築されたものだそうです。

中は広くてすごく立派な作りでした。

職員の方がいろりに火をくべていました。
おそらく茅葺屋根を煙で燻して、傷まないように管理しているんでしょうね。
楽しそうな仕事です。

明知城の城跡が山の上にあるそうですが、獣道のようなところしか見当たらなかったので引き返してきました。。
というか、ここには地図のようなものが全くなく、どこをどう歩けばいいのかわかりづらいんですよ。観光案内所でいただいたリーフレットにも地図がありません。

とりあえず気が向くままに歩き回りました。
街全体が趣があるので、歩くだけでも楽しいです。

連休中なのに人はまばらでしたね。
穴場の観光スポットでした。

このあとさらに寄り道。
またまた明日に続きます^^;

↓クリックしていただけると毎日の更新の励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村




 
    

岐阜の旅 大正村へ」への2件のフィードバック

  1. りん。

    私も岐阜は長いですが、昭和村も大正村も行ったことがありません。
    旦那様がつまらんとこだからと笑
    京都、東京、鎌倉は人だかりで舞妓さんも歩けないくらいの人だとか テレビでやってました。
    私も秘境でいいやって感じた連休でした。

    返信
    1. マコ父 投稿作成者

      こんばんは!
      うちは単純に混雑しているところが苦手なので、人のいなさそうなところを選んでお出かけしています^^;
      でもこういう素朴な感じのところも趣があって楽しいですよ。
      マコが一緒ならどこでも楽しいです^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください