サチの療法食クッキング

マコ父です。

昨日の晩はサチはかなり元気になってました。
布団に潜り込んできて、喉を鳴らしながら添い寝してくれてましたよ。

一番気を使うのが、サチのごはん。
糖尿病になる前はどんなドライフードも美味しそうに完食していたのに、今はほとんど食べてくれません。

とくにいま食べさせている糖尿病の療法食は美味しくないようで、全然食べません。
めっちゃ高いのに。。
これ一袋で米10kg買えます^^;

そのままでは食べてくれないので、毎回試行錯誤して食べやすくしています。

まず療法食を規定量の半分くらい計って…。

そこに味を良くするためにほかのドライフードも少し混ぜます。

フードプロセッサーで粉砕します。

ドライフードの形も重要みたいですね。
以前食べさせていたドライフードは星型?で歯によく引っかかる形状でしたが、療法食は丸い粒なので、口に入れてもポロポロとこぼれてしまって食べづらそうにしていました。

粉砕するとこんな感じ。
コーヒーみたいですね。

これだけでは食べづらいので、ウェットフードもからませます。

ウェットフードをレンチンして、香りを立たせます。
そこに粉砕したドライフードを手早く混ぜ合わせます。

冷めないうちにサチのもとへ。

「あれ?マコのは?」

さあ、食べてくれるかな。。
緊張の瞬間です。

今回のフードはお気に召したようです^^
美味しそうに食べてくれましたよ。
でもまだしんどいのか、半分くらいしか食べませんでした。
回数を増やして少しずつ食べさせるしかないね。

↓クリックしていただけると毎日の更新の励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


 
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください